看護に関わるニュース:「鶴見区」「看護師常駐メディカルホーム」|大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」

大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」 > ニュースについて > 東部地域 > 看護に関わるニュース:「鶴見区」「看護師常駐メディカルホーム」

看護に関わるニュース:「鶴見区」「看護師常駐メディカルホーム」


「看護師常駐メディカルホーム」について

大阪市鶴見区では、看護師が24時間常駐するメディカルホームが注目を浴びています。外観はいかにもといった老人ホームの様相ではなく、少し大きめの個人宅のよう。家庭的な雰囲気の中で、ご自宅同然に暮らして頂けることを目標にしています。それでいて、高齢者の方に安心して暮らして頂ける、またご家族の方も安心してご両親をお任せいただけるよう、看護師による24時間の見守り体制を実現。インシュリンの投与や、胃ろう、たんの吸引など、全て可能です。また、現時点で医療依存度の高い方のご入居はもちろんのこと、将来的な不安を払しょくするためのの事前入居も可能なのが嬉しいですね。

この記事について私が思うこと。

まさに医療と介護の合体といった老人ホームの誕生ですね。そして、まだ介護ではないけれど、いずれ必要になるかもしれないといった方の入居も認められているのが画期的なのではないでしょうか?介護までいかずとも、日頃の風邪やケガなど、看護を必要とする場面は誰にでもあるものですから、このようなホームは今後増えていって欲しいものです。

「本西麗子さん」からのコメント

元々鶴見区在住で、今回、こちらのメディカルホームにお世話になる事となりました。安心して毎日の生活を送れることが幸せです。看護師さんもスタッフの皆さんも、とても親切ですよ。

©大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」