看護に関わるニュース:「都島区」「認知症・初期集中支援」|大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」

大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」 > ニュースについて > 東部地域 > 看護に関わるニュース:「都島区」「認知症・初期集中支援」

看護に関わるニュース:「都島区」「認知症・初期集中支援」


「認知症・初期集中支援」について

大阪市都島区の総合病院では、認知症の初期における集中支援チームが結成されました。自治体の協力も得て、高齢者宅への訪問などをこまめに実施。また、地域からの声も参考にし、早期発見を目指し、症状の進行を抑え、認知症の看護に役立てたいとしています。

この記事について私が思うこと。

完全な認知症になってしまってから、というよりも、なりかけの時に発見することができれば、進行を遅らせる事もより容易にでき、快適な老後生活がおくれると聞いたことがあります。それは本人にとっても幸せであると同時に、看護する家族の方にとっても、素晴らしいこと。もっと、同じような取り組みが日本各地に広がってくれることを願います。

「山田由香里さん」からのコメント

認知症の母を看護しています。まだ初期段階なので、物忘れが激しくなったかなという程度なのですが、今回の取り組みを知り、とても素晴らしいことだと感じ、活動を広める運動に参加しています。多くの方に知って頂きたいです。

「木本明日香さん」からのコメント

都島総合病院で働いている看護師です。このチームに所属しています。どんな病気も予防が大切。見守ることが進行を遅らせることにつながるのなら、とても素晴らしいことだと思いませんか!!認知症の初期は、身近な人しか気付けません。ぜひ、皆さまのご協力をよろしくお願い致します。

©大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」