看護に関わるニュース:天王寺区 看護師不足|大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」

大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」 > ニュースについて > 天王寺から住吉 > 看護に関わるニュース:天王寺区 看護師不足

看護に関わるニュース:天王寺区 看護師不足


「看護師不足」について

現在、大阪、特に天王寺区では看護師不足。そこで、大学でも専門学校でも看護学科の新設ラッシュ。1991年には11校だった看護系大学が、2014年度には226校までに増加しています。しかし、このままでは、近い将来深刻な看護師余りが予測されているのです。

この記事について私が思うこと。

現状では15000人もの看護師不足が叫ばれています。今から目指すなら、最初は確かに引く手あまた。しかし、いずれは厳しくなる事を予測しておくべき。一般的な看護師ではなく、様々なスキルを身に付け、必要とされる人材になる努力をしたり、訪問看護に特化するなど、何らかの魅力を身につける努力が必要なのではないか。

 

「本木真由美さん」からのコメント

今、大阪は看護師不足で喘いでいます。私の働く天王寺病院では、短時間、夜勤なしなど、どんな条件でも雇用している状態。とはいえ、ある時期を境にドンと増えてしまうことも予測される職業でもあり、そこはやはり、今の時点で働き方を見直し、信頼を得て行くことが、今後の生き残る道なのではないかなと思います。

「嶋田亜理沙さん」からのコメント

必要とされているからこそ、自由な働き方をしています。私は大阪市内で時給の高い所、好条件な所へどんどん転職。看護師不足の今、ガッツリ稼いで、しんどくなりだした頃には辞めてしまおうかと目論見中です。

©大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」