看護に関わるニュース:「北区」 「女子大生一日所長」|大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」

大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」 > ニュースについて > 北から此花 > 看護に関わるニュース:「北区」 「女子大生一日所長」

看護に関わるニュース:「北区」 「女子大生一日所長」


「女子大生一日所長」について

これはとある女子高生が、幼い頃に輸血をすることによって、回復困難かと思われた重病をなんとか回復に向かったということがありました。そしてその女子高生が病院の一日所長になって、病気と闘う子どもたちに優しくエールを送っています。その背景として彼女が重病と戦っている時に、とても優しく接してくれていた看護師の人に憧れを抱いていたそうです。

 

この記事について私が思うこと。

とてもいい取り組みだと思いました。重病と呼ばれるものを乗り越えた経験や闘病の辛さを知っている彼女が自らエールを送ることで重みが全然違ってきます。あと輸血についても詳しく説明されているので重要さ、有効性、心境などたくさんのことを同時に知れると思いました。

 

「夏目和花」からのコメント

一日所長って実際どんなことするんでしょう?でも最近では病院でも輸血用の血が不足しているとの声もあがっているので、献血の貢献にはなりそうですね。こうした動きによってもっと医療が安心できる状況になっていってくれればと思います。

 

「坂口健太」からのコメント

正直羨ましい!俺も一日所長やってみたい!でも一般人で、このニュースみたいな話題性もない人間がそんなことするのは無理だよねー…。芸能人や有名人でも滅多にできないですからね、この女子高生の女の子はすごいと思いましたね。もちろん闘病生活を乗り越えた意味も含めてです。

©大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」