看護に関わるニュース:「平野区」「移動手術室」|大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」

大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」 > ニュースについて > 東部地域 > 看護に関わるニュース:「平野区」「移動手術室」

看護に関わるニュース:「平野区」「移動手術室」


「移動手術室」について

大阪平野協同病院では、移動手術室の開発を行う運びとなりました。移動手術室とは、ドクターカーやドクターヘリと同様の位置づけで、緊急時の対応のため、使用される施設です。開発には、自動車産業、医療機器産業、様々な業界の協力が必要ですし、また、移動先での看護を充分に行えるよう、看護師の研修も必要不可欠となって参ります。まだ課題の多い試みとはなりますが、医療の分野に新しい可能性を見いだせるニュースとして、現在、注目を浴びております。

この記事について私が思うこと。

移動手術室の担う役割は、とても大きいのではないでしょうか。突発的な事故による使用も考えられますし、自然災害などの場に赴いての使用もあるでしょう。もしくは、過疎地などでの医療行為という場面でも活用できるのではないでしょうか。確かに、様々な業界を巻き込む、とても大きなプロジェクトとなるのは必至なのですが、これは日本国が国家的に取り組んでも良いのではないかとも感じています。

「神埼千沙子さん」からのコメント

ドクターヘリの活躍により、今までは救えなかった多くの命が助かるようになりました。移動手術室は、さらにもう一歩踏み込んだ医療ができそうなので、いち看護師としても期待が高まります。大阪からこのようなニュースが発信できる事は、誇りです!

©大阪看護向け情報バラエティーサイト「目覚まし看護」